広島県広島市佐伯区地域コミュニティサイト
「安全・安心」新聞レインボー・ 平成29年夏号【第32号】
佐伯区防犯連合会と佐伯警察署が平成28年秋、防犯に関することをテーマに防犯川柳を募集。...< 詳細はこちら >

開庁!佐伯警察署!

佐伯警察署庁舎落成式

 

 

 佐伯警察署庁舎が多くの期待を込められ落成

 

広島県内28番目の警察署として9月2日に開庁した佐伯警察署の庁舎落成式が、9月11日に行われました。

この日は、湯﨑広島県知事、松井広島市長をはじめ、関係行政や県・市議会議員、佐伯区の関連団体や工事関係者らが出席。県警音楽隊の生演奏が会場を盛り上げ開会。

井口斉広島県警本部長が「明るく温もりのある庁舎で、安心安全の佐伯区を作っていくよう努力する」と頼もしい式辞を述べられました。

湯﨑英彦広島県知事から「近年は子どもや女性、高齢者を狙った犯罪が多発しているので、警察の役割はますます重要になってきた。安全で安心な暮らしづくりのけん引役を担ってほしい」と、地域の暮らしを守る警察署の存在を熱望。

 

佐伯警察署は、地上5階地下1階の鉄筋コンクリート造で、平成23年9月の造成開始から1年1ヶ月の工期で完成。外観は、極楽寺山の稜線をイメージして周辺の環境にあうデザイン、建物内は県内産のヒノキ材を多用するなど明るく温かい雰囲気となっています。また、県内の警察署では初となる太陽光発電システムを屋上に設置、LED照明やペアガラスの窓など、地球環境にも配慮されています。

 

松井一寛広島市長は「佐伯区は広島市西部のにぎわいある町で歴史もある。佐伯区の人たちにとって身近な存在として、区役所と警察署が一体となって佐伯区の安全安心をがんばってほしい」と開庁へ尽力された周辺地域の方々へ感謝の言葉を述べられ、佐伯区の今後の発展に大きな期待を寄せられました。

最後に、酒井伸治佐伯警察署長から「安全安心なまちづくりのために、様々な関係機関と手を取ってまいります」と謝辞を述べられると会場から大きな拍手が沸きました。

 

佐伯警察署には佐伯区の安全・安心の拠り所として、地域と共に行われる防犯活動の拠点となることを願っています。

開庁!佐伯警察署!

もっと見る
ページの先頭へ