広島県広島市佐伯区地域コミュニティサイト
「安全・安心」新聞レインボー・ 平成29年夏号【第32号】
佐伯区防犯連合会と佐伯警察署が平成28年秋、防犯に関することをテーマに防犯川柳を募集。...< 詳細はこちら >

お知らせ・連載

第34回レインボーまつり盛り上がりました

第34回「レインボーまつりwith宮島街道ふれあいまつり」を12月18日、佐伯区の「ファミリータウン広電楽々園」で開催しました。寒い中たくさんのお客さんがいらっしゃいました。来場者の皆様、出演者・関係者の皆様、今回もありがとうございました。

安全・安心新聞「レインボー」紹介
安全・安心新聞「レインボー」紹介。杉田編集委員が登壇しました。佐伯警察署と佐伯区防犯連合会主催の防犯川柳を紹介しました。

防犯川柳
防犯川柳

佐伯警察署からのメッセージ
佐伯警察署からのメッセージ。交通安全課の方をお招きして、年末の交通安全について3つのお話を頂きました。

【1、上向きライトを使おう】

車の夜間走行時にはライトを付けますが視界は40m。時速60kmで走行時のブレーキ停止距離は約40mで気付いた時には事故が起こってしまうとの事。視界100mの上向きライトを使用しましょう。

【2、反射材を付けよう】

夜間の歩行には車に気付かれやすいよう反射材を付けましょう。この後反射材を配って啓発されました。

【3、家族で話そう】

「今日警察官の人がこんな話をしてたんよ」とうちに帰って家族に話して、みんなで交通安全を意識しましょう。

現在広島県警ではアンダー90作戦を展開しており、レインボー新聞でも推進しています。2016年12月18日現在81人との事です。年末の慌ただしい時期です。みなさん運転にはくれぐれも気を付けましょう。

砂谷郵便局平岡局長
砂谷郵便局平岡局長が特殊詐欺についてお話されました。

特殊詐欺啓発年賀状
何とレインボー新聞用に詐欺啓発年賀状を作ってくださいました!

司会の廿日市高校放送部のみなさんをはじめ若い人にお配りしました。みなさんの祖父母に送りましょう。筆者も離れて暮らす祖母に送ります!

郵便局の金融機関の現場では、現金をレターパックで送ろうとする人や還付金詐欺では?と声掛けをして警察官に来てもらう事案が、何と毎月のようにあるそうです。また「息子から、お金を送ってくれ、と連絡があったから送る」と来店された女性。携帯電話に掛けるよう促すと「番号が変わった、と言われた」。平岡さんが「前の番号に掛けてみて」と再度促すと息子さんにつながり、詐欺と分かった事案も。

未然に防いだ金融関係者が表彰される新聞記事を私たちは時々目にしますが、実際には何倍もの数を現場のみなさんは防いでおられるそうです。

電話でお金の話が出たら「詐欺」です。あわてずにまずは相談しましょう。

真由姫さん
シンガーソングライター真由姫さん。サンタ姿で登場!キュートでした。長袖インナーを忘れたそうで寒そうでした(笑)

レインボーブース

レインボーブース
「もらっていくね」と新聞を持っていってくださる方も。寄ってくださったみなさんありがとうございました。

次回のレインボーまつりは、企画の都合により2月か3月を検討しています。日にちが決まり次第、このWEBサイトで案内します。またお会いしましょう。少し早いですがみなさん良いお年を!

お知らせ・連載

もっと見る
ページの先頭へ