広島県広島市佐伯区地域コミュニティサイト
「安全・安心」新聞レインボー・ 平成29年夏号【第32号】
佐伯区防犯連合会と佐伯警察署が平成28年秋、防犯に関することをテーマに防犯川柳を募集。...< 詳細はこちら >

湯来南学区

新井様の水田を借りて、高野様の指導でお米作りの授業
学校田から湯来南小学校と阿弥陀山を望む

湯来の魅力は 地域にある宝物

大切な宝物

湯来南学区では、東川角見守り隊の皆さん、杉並台福寿会の皆さんが、日々子ども達の登下校時の見守りをしてくださっています。また、民生・児童委員の皆さん、女性会の皆さん、各町内会役員の皆さんを始め、多くの方々にも日頃から子ども達の安全を気にかけてくださっており、感謝の気持ちでいっぱいです。

子ども達は地域の宝ですが、日々見守って下さる皆様も、地域の大切な宝です。湯来南学区が、今よりももっと安全安心な地域になるよう、この地域に住む全ての人が知恵と力を出しあって、暮らしていけることを願っております。

レインボー新聞読者の皆さん!湯来に住んでみませんか?

湯来南学区は、八幡川の上流域にあって、河内小学校区(三和中学校区)に隣接しており、湯来の中では最も南に位置しています。山々の緑を横目に窓竜湖(魚切ダム)のほとりを通過すると、約20分で三和橋交差点に到着です。数年後には、国道433号線の大古谷~川角間が、トンネル2本・橋梁4本で一直線につながります。

自然の中で子育て

湯来南小学校には、街の学校から引越して来られた方も多いんですよ。自然に囲まれた庭つきの一戸建てに惹かれた、お子さんが喘息がちだったのできれいな空気を求めた、街のマンモス校に親子で馴染めなかった、純粋に子どもを田舎で育てたかったといった声があります。

その結果、少人数なので学校行事では全員が体験できるから生き生きしている、担任でもないのにほとんどの先生がうちの子の名前と顔を覚えてくれている、大人数の中で鍛えられるのはもう少し大きくなってからでも十分、親の通勤や買い物の負担を差し引いても、引っ越して来てよかったという声が多いようです。

今や便利過ぎるくらいの世の中ですので、ほどほどの田舎加減がちょうどいいのかもしれません。子ども達も大人達も安全安心に暮らせる湯来の町を、一緒に創りませんか。
(平岡 忠)

タグ: 湯来南学区
ページの先頭へ