広島県広島市佐伯区地域コミュニティサイト
「安全・安心」新聞レインボー・ 平成29年夏号【第32号】
佐伯区防犯連合会と佐伯警察署が平成28年秋、防犯に関することをテーマに防犯川柳を募集。...< 詳細はこちら >

湯来南学区

杉の子会の森本会長(右)と一緒に登下校を見守るメンバー

子供の笑顔が地域を元気に 笑顔がつながる地域の防犯

登下校を見守る地域の人たち

湯来南小学校区には児童の登下校を見守っていただいているボランティア団体が数多くあります。その中の一つ、福寿会の皆さんが今年の3月をもって見守り活動を終了されました。これまで多くの児童を見守っていただき感謝の気持ちしかありません。児童が安心して学校生活をおくることができるのは、陰で支えていただいているボランティア団体の皆様のおかげと改めて感じております。

杉の子会が発足

4月から新年度が始まり、かわいらしい新一年生を迎えた湯来南小学校区に、新たなボランティア団体が立ち上がりました。その名も「杉の子会」です。発起人である森本喜美子さんを会長とし、総勢22人からなる団体です。発足のきっかけを作られた森本会長は以前より「仕事を辞めた後はボランティア活動で何か人の役に立ちたい」という気持ちが強かったそうです。福寿会が見守り活動を終了されることを聞いた森本会長が仲間を募り「杉の子会」を立ち上げ、毎週火曜日に児童の下校を見守ってくださっています。

森本会長の「子供たちが元気だから、私も元気がもらえる」と、笑顔でお話ししてくださったことが印象に残りました。また、メンバーのお一人が「子供たちが私のことを覚えてくれたのがうれしい」とも話してくださいました。地域のみんなが顔見知りになり、笑顔と笑顔でつながったとき、最も強い犯罪抑止になると実感しました。
(湯来南小学校PTA会長 山本高広)

タグ: 湯来南学区
ページの先頭へ