広島県広島市佐伯区地域コミュニティサイト
「安全・安心」新聞レインボー・ 平成29年夏号【第32号】
佐伯区防犯連合会と佐伯警察署が平成28年秋、防犯に関することをテーマに防犯川柳を募集。...< 詳細はこちら >

五月が丘学区

家庭から始めよう 子どものあいさつ

親子のあいさつ運動

今年度、五月が丘地区青少協のお世話をすることになりました。以前6年間青少協のお世話をした経験を生かして、これからいろいろと取り組んでいきたいと思います。

今、学校や地域であいさつ運動をしていますが、子どもから進んであいさつする子が、小・中学生を通じて少ないのが現状です。みなさんの地域ではどうですか。

私は、今以上にあいさつを進んでする子どもを育てるには、まず家庭において「親子のあいさつ運動」を進めることが一番効果があると思っています。

家庭で、親子で話し合い、親子の約束として、朝起きたら家の人に「おはようございます」と、子どもから元気なあいさつをする。寝る前にも「おやすみなさい」と、きちんと言ってから寝る。という2つのことを実行し、よくできたら親がしっかり子どもをほめる。その繰り返しを一年間続けると素晴らしい効果が生まれると信じます。今から各家庭で始めてみませんか。明るい家庭ができ、さらに地域・学校で大きな声であいさつができるようになると思います。

家庭・学校・地域が、今以上に活気あるものになることを願っています。
(五月が丘地区青少年健全育成連絡協議会 中本紀明)

今回は、五月が丘地区の団体の方に寄稿していただきました。五月が丘青少協は、この春、ふれあいネットと共同で、子ども110番の家の地図を新しく作成し、子どもたちに配付するとともに、「110番の家ステッカー」をラミネートして配付するなどの活動をされています。
(五月ふれあいネット 田邊公孝)

ページの先頭へ