広島県広島市佐伯区地域コミュニティサイト
「安全・安心」新聞レインボー・ 平成29年夏号【第32号】
佐伯区防犯連合会と佐伯警察署が平成28年秋、防犯に関することをテーマに防犯川柳を募集。...< 詳細はこちら >

湯来南学区

黄色い旗で安全な横断を

地域の厚意に見守られ 安全・安心な登下校

砂谷中学校あいさつ運動

「おはよう!」と声をかけるより早く「おはようございま~す!」という元気な声の小学生とのあいさつからスタートする砂谷中学校付近でのあいさつ運動。中学生より先にまずは湯来南小学校の子どもたちが私たちの前を通って学校に行きます。それから数分後、小学生の集団登校に混ざって中学生も登校してきます。

砂谷中学校では、校外活動部の保護者を中心に、今年も10回のあいさつ運動を行いました。先生方も参加してくださり、安全指導を兼ねてのあいさつ運動です。

暑い日も寒い日も

私は2月と3月に参加しましたが、狭い道路なのにスピードを出している車、信号待ちをするところの狭さなどから危険性を感じました。これまで、事故が起こらないように対策を取っていただきましたが、事故が起こっていない理由の一つが地元の方々の「見守り隊」の存在です。暑い日も、雪が降ったり凍結したりする寒い日も子どもたちを常に見守ってくださっています。旧湯来町には歩道が設けられていない箇所もありますが、ある「見守り隊」の方は、そこを小学生が通るときには寄り添って少しの間一緒に歩いてくださり、次のグループが来るまで途中からは立ち止まって子どもたちの背中を見ながら安全指導をしてくださいます。地域の子どもたちのための行動に、本当に頭の下がる思いがしました。

こういった方々に支えられて子どもたちが安全に通学していることを、保護者も感謝せねばならないと考えさせられた日でした。
(田中正信)

タグ: 湯来南学区
ページの先頭へ