広島県広島市佐伯区地域コミュニティサイト
「安全・安心」新聞レインボー・ 平成29年夏号【第32号】
佐伯区防犯連合会と佐伯警察署が平成28年秋、防犯に関することをテーマに防犯川柳を募集。...< 詳細はこちら >

湯来南学区

地域へ防犯を呼びかけるのぼり旗を設置
防犯活動の勉強会も開催

「地域の絆」で 子どもの見守り

全国的に少子高齢化が進むなか、特に中山間部に位置する湯来南学区では、過疎化と核家族化も重なって高齢者世帯が増加しています。昭和50年代からの住宅団地開発により、総人口は一時増加しましたが、反面、地域間格差という課題を抱えています。

取り戻そう「助け合い」の心

以前、主流であった農林業は衰退するなか、通信網、道路網の整備によりほとんどの方が広島市や廿日市市の企業の方へ勤務されています。このような生活の変化に伴い、地域や家庭においても協業的側面の濃かった農林業で培われた人と人のつながり「助け合い」の精神が薄れつつあります。確かに私たちの生活は豊かになりましたが、このような時代の変化のなか、大人の社会でもう一度原点に返り、地域で「互いに手を取り合って」の地域社会を再生し、地域の子どもたちに模範を示す必要があります。

子どもは地域の宝

最近、当地域にお いても屋外で子どもたちの姿を見かけることがめっきり少なくなりました。子どもたちは宝物です。平成19年から「ハチサン運動」を続けて、現在に至っています。今後も子どもの安全を守るため、地域の大人全員で宝物である子どもを見守るという意識を高め、実践してまいりたいと思います。

今後、当地域で、一家一事業所一点灯で犯罪防止運動を進めていきたいとも思っています。
(土井哲則)

タグ: 湯来南学区
ページの先頭へ